結婚時に最低持っておきたい貯金額

人間性としての評価としても使われる

結婚というと、結婚式や結納、あるいは婚活などに掛かるお金を想像することが多いでしょう。
勿論これらに対しても大きなお金が必要であることは間違いありませんが、実際最も大きなお金を必要とするのはやはり結婚後の生活のお金です。

結婚前から同居をしていれば問題無いですが、新居を構える場合は特にお金が必要です。
新築で戸建てを購入する場合には、ローコスト住宅という比較的金額帯が低いものでも1,000万円台前後が目安です。
>>春日部のローコスト住宅の場合990万~

さらに、結婚時にどの程度貯金を持っているのか、ということが男性からみた時の女性の評価の一部につながっていることも少なくありません。
これは逆玉の輿のようなことを狙っている、というわけではなく、女性が「お金を管理できる人なのか」「自制できる人なのか」ということを判断する基準としている、という面があります。
それでは、実際女性は結婚の際にどのくらいのお金を持っているのが望ましいのでしょうか?下記サイトを参考にしつつ、考えてみましょう。
>> 200から300万円ないとダメ?女に求める「結婚時の貯金額」|Menjoy! メンジョイ

現在では晩婚化が進んでいるということもあり、結婚の時期が30代以降になることも少なくありません。
その場合には、20代の場合よりも多くの貯金を持っていることが基準にされることが多いでしょう。
今回は主に結婚を考えることになるタイミングである20代後半から30代前半頃の場合ということで考えてみます。

今や女性も社会に出て仕事をしているのは当然の時代になってきました。
男性に比べると収入の平均は落ち込むものの、それでも生活費を差し引いて貯金ができる程の給与をもらっている人が多いでしょう。
その場合には、おおよそ200から300万円程は貯金として持っていてほしい、と考える男性が多いようです。
また、男性でも収入が女性より多くはないという人も多いため、現実的な視点から経済的なことを考える場合にもこれぐらいのお金があると結婚に必要な資金をカバーしやすいといえるでしょう。

収入が少ない仕事であったり、自己投資が必要であるため若い内は芽が出にくい仕事の場合にはもう少しハードルは下がります。
それでも、100万円程度の貯金があることは求められるケースが多いため、しっかり貯めるクセを付けて置くと良いでしょう。

気にしない人も多い

とはいえ、女性の収入や貯金のことを全く気にしない男性がいるのもまた事実です。
今回のアンケートによると、全体の3分の1に当たる男性が女性側の金銭的なことを気にしないという結果となりました。
ただ、勿論借金がある、というようにマイナスに触れている場合には大きく評価を下げる原因となってしまうため、その点については十分注意するようにしましょう。

男性は結婚の際、女性に安定感を求める人が多いといえます。
日本では男性の収入も統合して女性が管理するシステムとなっていることが多いため、なおさらでしょう。
もし自分がお金を管理する能力に欠けているという自覚がある場合、結婚の前に夫婦のお金の管理についてしっかり話し合っておくことが重要です。
任された結果浪費をして溶かしてしまい、信用をなくすようなことがないようにしましょう。

結婚