学費の相場はどのくらい??

教育に掛かるお金

子供がいる場合、子育てに掛かるお金というのは人生においても最も大きなものの一つとなるでしょう。
では、実際のところ子供一人を育てるのに、どのくらいのお金が掛かるものなのでしょうか?
生活費などについては家庭によって幅が大きいため今回は割愛し、純粋に教育に掛かる費用がどのぐらいなのかをみてみましょう。
今回紹介する数値は文部科学省による調査統計を元にしているもので、勿論各家庭の経済状況などによって変化が大きくなります。

まずは、幼稚園に掛かる費用です。
この時期では公立の場合には73万円、私立の場合には161万円という結果となりました。
以後もそうですが、基本的にここでいう学費というのは学校外教育の費用も含めているものです。
今では塾や習い事を行うのは一般的になっているため、それも教育に必要な費用であるとみなします。

次に小学校となると、公立と私立の差が非常に大きくなります。
公立の場合には6年間で200万円前後であるのに対して、私立の場合には824万円という結果となりました。
その場合授業料だけではなく教科書等の費用も完全に補助金でカバーされているため、その違いが大きく現れています。
名門と呼ばれる小学校となると、その費用は特に膨大なものとなるでしょう。

中学校に進むと差は少し縮まります。
3年間で公立の場合には141万円、私立の場合には380万円程という結果となりました。
この時期になると部活動などに掛かるお金も大きくなってくるため、子供が所属する部活動によってもかかる費用が変わります。
備品や遠征が多い部活となるとかかる費用は大きくなりやすいでしょう。

高校でも差は中学と同程度です。
公立の場合には156万円程度、私立の場合には313万円程という結果となりました。
高校になると予備校などの大学受験に向けた準備が激化し、学校外教育の費用が大きくなる傾向があります。

ここまでで合計してみると、公立の場合には571万円、私立の場合には1677万円という結果です。
実に1100万円もの違いが公立と私立で発生していることになり、教育方針によってかかる費用が大きく違う事がわかります。

大学費用の違い

さらに学費に顕著な違いが現れるのが大学です。
そもそも大学となると、進学をしないという選択肢も現れることになります。(より正確には中学卒業の時点で就職の道がありますが、その数は少なく険しい道であると言えます)
その場合にはゼロとなり、上述のお金で学費はフィニッシュです。

大学の場合には学費に加えて入学金や施設費用などを加えたお金が必要となります。
まずは国立大学の場合についてみてみましょう。
国立大学は学費や入学金等に助成金があるため安く設定されています。
すべてを合計しても242万円程度となっており、これまでの教育費からしてもそれほど高額ではありません。

次に私立の場合は、文系と理系で違ってきます。
施設費用が大きく掛かる関係で理系の方が高くなっており、合計で516万円程度です。
文系の場合には授業料も安く設定されており、合計で379万円程度という結果となりました。

最後に、最も大きなお金が掛かる分野である「医学部」「歯学部」についてみてみましょう。
これらの大学は通常の大学と違い、卒業までに6年が必要となります。
通常なら修士課程まで進んでいるのと同じだけの期間が必要である上に、施設費や授業料等も高額であり、総合額がほかの累計の大学を大きく引き離しています。
私立医学部の場合は合計で1701万円、歯学部の場合には1835万円が平均的な金額となります。

これらのことを全て合わせて考えると、幼稚園から大学まで全て国公立のルートをたどった場合には810万円前後の費用が必要です。
逆に最も高いルートである小学校から私立、大学は私立医学部を目指すという場合、全体で3400万円前後の費用が必要となります。
教育費用において、相場を考えることに意味があまりないことが、この結果を見るとわかるのではないでしょうか。

親としては当然、できるだけ自由に子供に道を選んでもらいたいと考えるものです。
とはいえ、経済的な事情があることは事実であり、その点については子供と相談の上、上手く折り合いをつけていく必要があるでしょう。

子育て