無駄遣いのクセ、ついていませんか?

お金は大切に

お金は大切なもので、しっかり管理しなければならない、というのは誰もが理解していることでしょう。
ただ、頭ではわかっているのに、実際の行動に繋がっていないという人も少なくありません。
そのことに自覚的であり、お金を無駄遣いしてしまった時に「またやってしまった」と思うのであれば、まだ大丈夫です。

一番問題なのは、自分がお金を無駄遣いしていることに無自覚で、無駄遣いをしてもなんとも思わなくなってしまっている場合です。
こうなってしまうと、気付いたら貯金がなくなっていたり、そもそも貯金が出来なかったり、はてには借金を作ってしまうことにも繋がります。
では、「無駄遣い」のクセがつきやすいのはどんな人でしょうか?色々な条件を示すので、自分が当てはまっていないかどうかチェックしてみてください。

まずは「財布のお金がなくなったら、すぐにお金を降ろす」人です。
当然では?と思った人は注意した方がよいでしょう。
というのも、そもそも頻繁に「財布のお金がなくなってしまう」という状態が無駄遣いに近いということです。
お金を降ろすタイミングは毎月決めておき、そのタイミング以外ではお金を降ろさないようにすると、それだけで節約の意識が高まるでしょう。

次に「あまり使わないお店のポイントカードも多く持っている」という人です。
こういった人はポイントを貯めることに夢中になりやすく、本来なら必要ないものまで買ってしまったりすることがあります。
メールマガジンなどに多く登録している、という人もこのパターンに近いでしょう。
自分が得られる「オトクな情報」が多いことは、かえって無駄遣いを増やしてしまうことにも繋がるため要注意です。

では、次に実際に買い物をする時について見てみましょう。
まず1つ目に「高いものではなく、安いもので代替するクセがある」かどうかを考えてみてください。

例えばほしいものが高額だとして、それに似た安いものを購入してしまう、という場合です。
これ自体は悪いことではなくむしろ節約に繋がることですが、これを日常的に繰り返していると、いつか大きな買い物をする時に「普段は我慢しているからなあ」と思って思い切ったお金の使い方をしてしまうことに繋がります。

実は毎回そこそこの値段のものを購入する人よりも、一回で大きなお金を使う人の方が全体を通してみた時にはお金の浪費率が高いと言われています。
抑えこんで抑えこんで爆発するようなお金の使い方はかえって危険です。

少額の買い物で気を付けるべきなのはもう一つ、コンビニでのなんとなくの買い物にも気をつけましょう。
一つ一つは少額ですが、毎日積み重なると月々ではダメージのある出費となります。
通勤や通学でコンビニの前を通るとついつい何か買ってしまいたくなりやすいです。
コンビニなどでの買い物では目的の物以外は我慢できるようにしましょう。

また、飲み物はコンビニよりもスーパーや薬局で購入した方が安いです。
生活のいちばん身近にあるのはコンビニですがよく買うものであれば少し遠くてもスーパーなどに足を伸ばして節約を試みることも一つの手です。

2つ目に「給料日前になるとクレジットカードを良く使う」人も注意しましょう。
クレジットカードは使い方を間違えなければ便利なものです。
ただ、給料日前に使うということはつまり「お金がなくなってしまったために緊急避難的に使っている」ということであり、積極的に使っているわけではありません。
クレジットカードは前もって「こういったものを購入する時に使う」と用途を決めておき、消極的に利用することは避けた方がよいでしょう。

無駄遣いを見直そう

貯金をしたいと考えるなら、方法は大きく2つあります。
一つは収入を増やすこと、もう一つは支出を減らすことです。
前者ができれば最適ではありますが、これはなかなかできることではありません。
そうなると、後者の方法を探っていくことが重要になります。

例えば、携帯電話の使用料金が良い例となります。
毎月固定額を支払っている携帯電話の使用料金を見直すだけで支出を減らすことに繋がるのです。
最近の料金プランはパケット定額系のプランが主流で、LINEなどのツールを利用してコミュニケーションを取るユーザーが多く、料金プランに含まれた無料通話分を使い切ってしまう人は少なくなってきています。
大手キャリアとは違って、格安SIMを取り扱うキャリアは基本料金も低く、データ定額のプランも豊富です。
通話とデータ通信量にお金をかけずに、最小限の料金プランに見直すことが大切になります。
また、使い慣れた端末でSIM替えすることも可能になってきています。
自分の用途に合ったキャリアや料金プランを選び、契約するようにしましょう。

無駄遣いを見直し、自分の生活習慣を正していくことは、恒常的に支出を減らすことに繋がります。
一度習慣として身につけてしまえば、その後も長い間支出を抑え、貯金がしやすい体質になるでしょう。
気付いたらお金がなくなっていると感じる人は、試してみてください。

マネーニュース