女性専用の医療保険って何が違うの?

事故や病気に備える

病気や事故の時のために、医療保険に入っておくことは重要なことの一つです。
そんな医療保険のなかに「女性専用」と謳われているものがあります。
では、この女性専用医療保険というのは通常の医療保険とどのような点が違っているのでしょうか?

女性専用医療保険は、女性特有の病気や、女性に多い病気などに対して特に手厚い保障を設けている保険のことをいいます。
ただ、実はこの女性疾病として対象となる病気というのは、保険の種類によって違っているのです。
そのため、どの女性専用医療保険でも、同じ効果が得られるとは限りません。

例えばガンについて考えてみましょう。
ガンのなかで女性特有、女性リスクが高いものとしては「乳がん」「子宮頸がん等の女性器がん」「卵巣がん」などが挙げられます。
これらについては、殆どの会社において女性疾病として認められています。
しかし、その他のがんについては女性疾病としては認めていない場合も少なくありません。

また、男性にも掛かる可能性があるものの、女性のリスクが高いものとして「貧血」があります。
これについても女性疾病に含めているか含めていないかの違いがあります。

必ずしも女性専用でなくともよい

どうしても「女性専用」と言われるとメリットが多いように感じてしまいがちですが、上記のことを考えると医療保険は必ずしも女性専用のものでなくとも良いと言えます。
女性専用のものを利用する場合、必ず対象となる疾病について詳しく聞き、それが必要なものかどうかを判断しておきましょう。
もし対象範囲が狭く、通常の医療保険でもカバーできるような内容になっているのであれば、別の保険を利用するのでも構わないわけです。
しっかりとそれぞれの保険を精査し、本当にそれが必要な保障なのかを確認してから加入を決めましょう。

Q&A