女性は一生にどのくらいのお金を使うの?

生涯支出を考える

女性が一生独身で生きるという場合、死ぬまでの間にどれだけのお金を使うと思いますか?
勿論これは個人差があるもので、何歳まで生きるのかによっても変わってきます。
今30歳の女性が、平均寿命まで生きるとした場合、最終的に必要となるお金は「1億6000万円」程度だと言われています。
それでは、内訳としてどのようなお金が必要となるのでしょうか?

まず「定年までの生活費」が挙げられます。
これが最も比率としては大きく、8400万円程となります。
これは月々20万円で生活していることをベースにしているため、生活の質によってはまた変わってきます。

さらに「保険費」も考えなければなりません。
独身の場合、もし自分の身に何かが起きて働けなくなった場合、収入がなくなってしまいます。
そういったことを避けるためにも、備えた保険を準備しておかなければなりません。

親に使うお金の準備

また、お金はなにも自分のためだけに使うものではありません。
独身であるといっても両親はいます。
両親に対して使うお金についても考えておかなければなりません。

まず考えるべきなのが「介護費用」です。
親を介護するのにも大きなお金が必要となり、施設などを利用するのであれば合計で2500万円程度のお金が必要だと言われています。
家で介護する場合でもリフォームの必要などがあり、必要なお金は大きくなるでしょう。
子供が自分一人でなければ、兄弟と負担を分担することになります。

また、両親は自分より先に亡くなるものです。
その時には両親の葬儀のための費用も必要となるでしょう。
葬儀の費用は1人につき350万円程度が一般的です。

これに加えて、自分の老後の生活費も考えておく必要があります。
様々なことを検討し、お金の計画を立てなければなりません。
計画が不足していると、途中でお金の都合がつかなくなってしまい、「貧困女子」のような事になってしまうかもしれません。
できるだけ早い段階から、将来へのお金の道筋を付けて置くことが重要です。

Q&A